浴衣の着付けのポイントとは。

夏になって、浴衣を着た人たちが町を歩く姿を見ると、なんだか涼感が漂いますよね。
また、浴衣というと、下駄を思い浮かべる人も多いのでは?

カラコロと鳴る下駄の音は、親しみと、どこか懐かしさを感じさせます。
浴衣を着るときには、足元を飾る下駄の美しさも楽しみたいものです。


浴衣を着付ける場合は、素肌にさらりと、涼しげに着付けるようにすることが大切です。
全体的にゆったりと、ゆとりを持ったくつろぎ感が出るような着付けをします。

湯上り姿のような爽やかさと、そこはかとなく漂う色気が魅力ですね。


浴衣と聞くと、湯上りに夕涼みの為に着るような木綿の浴衣を連想しますが、
通常は、肌着と裾除けを付けたうえに着付けるようにします。

木綿の浴衣ばかりではなく、他の生地に、半襦袢をつけ
半襟を出すような着付けもいいですね(最近は、それが流行ってますよね)


以下に、浴衣の着付けのポイントをまとめました。


◆衣紋抜き、前の衿合わせはゆったりと着付けます。
 詰めすぎると暑苦しく見えてしまいますので、注意しましょう。

 衣紋は指3本からこぶし一つが入るくらいを目安に抜きましょう。


◆裾線は、足のくるぶしにかかるくらいにしましょう。長すぎないように気をつけて。
 上前の裾上がりは下前の半分くらい、下前の裾あがりは7〜8cmにします。


◆帯の位置は、あまり胸高にせず、帯はきつく締めすぎないように。


◆浴衣を着る時に大切なポイントは、足元です。
 素足に下駄履きなので、足の手入れも怠らずに!思ってる以上に目立ちます。

 ただし、下駄はあくまでも「普段着」用ということを忘れないで!
 下駄履きのまま、カラコロ音を鳴らながらホテルのロビーを歩いたり、
 観劇に行くのはエチケット違反ですよ。

 それなりの場ではそれなりの装いが求められるのは、洋装も着物も同じです。